【騙された】「お得な詰め替え用 → 実際にはお得じゃない!!」なんて事良くあるよね?

こんにちは!

ここ数日ブログの更新が滞ってしまっておりました><

と、言うのも

寒いからなるべく出かけたくない

が主な理由だったりします。

 

私は暑いのにはそれなりに強いので、真夏に出かけるのは勿論暑いとは思うのですがそこまで苦痛じゃないんですよね。逆に寒いのはもう無理で・・・

 

そんな訳で出かけるのは億劫なんですがとりあえず食材等は買わなければいけないと思い、私が良く利用しているイオンネットスーパーを本日も開きました。

で、トップに出てきたページがコチラ

「あ、食器用洗剤もついでに買っておこう」

「大きなサイズの方がちょこちょこ買わなくて済むし、なんか値段も安そうだ」

と、思いカートに入れようとしたのですが・・・

 

あれ?これ本当に大きなサイズの方が安い?

 

と、気になったので計算してみる事に。

 

キュキュット つめかえ用 ジャンボサイズ 770mlは 298円'(税込321円)

1ml辺りの価格は税抜きで0.38円、税込みだと0.41円でした。

 

じゃあ1380mlサイズの方は・・・と、こちらも計算してみると

1ml辺りの価格は税抜きで0.36円、税込みだと0.38円でした。

 

ちゃんと安くなってる!

 

と、ひと安心。

 

 

何を言ってるんだ当たり前じゃないか?

 

大丈夫かコイツ?

 

なんてお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし場合によっては

 

きちんと計算してみると詰め替え用の方が高かった

 

なんて商品が多々存在するのです。

 

特に多いのが

 

シャンプーやリンス

 

 

ボトルの方を安く設定しておき、まずは商品を手にとって貰う、そして気に入ってもらったら一見お得なようで実はボトルよりも割高に料金設定された詰め替え用を買って頂く・・・。

所謂ディアゴスティー○商法が用いられてたりもします。

なので結構なメーカーの商品がボトル版のシャンプーやリンスの方が実際には1ml辺りの単位で考えると安く済むように設定されている場合が多いのです。

さらにその手のシャンプーのボトルには「詰め替え用を買う時には必ずこのボトルを使って下さい」なんて記載があるのもリピーターを確保する為だったりします。

変な話、別のメーカーのシャンプーをそのボトルに入れて使ったところで大した問題は無いのですが、その手の注意書きがある事によって心理的に「それはいけないことなんだ」とか「何か問題が起こるかもしれない」なんてプレッシャーを我々はメーカーから与えられているのです。

 

もっともエコ的な観点でも

 

ゴミを削減する為に多少割高でも詰め替え用を買いなさい

 

って事なのかもしれませんね。

 

 

 

ちなみに私はシャンプーやリンスを

これに入れて使ってます。

 

あとシャンプーとリンス、ボディーシャンプー自体はアマゾンの定期便で3ヶ月に一回の割合で注文してます。

3つまとめて注文するとさらに15%引きになるのでドラッグストアで買うより安いです。

 

さらには玄関先まで届けてくれるのと、定期便だとうっかりシャンプーを切らすなんて事も無く届けてくれるので助かります。

 

万が一「あ、在庫がダブついてきたな」なんて時には次回の注文はキャンセルなんて事も出来て便利です。

 

 

 

実際スーパーのお肉なんかでもそうなんですよね、わざと100g辺りの表記をせずパックの値段だけを表記して特売品と言ったポップを出し、実際にはそこまで安くも無かったりする物を大々的に陳列してるなんて事も良くあります。

それだけじゃなく最近のメーカーやコンビニは「食べきりサイズ」や「さらに美味しく」なんておためごかしをつけて内容量を減らすなんて事が横行しています。

 

特に腹が立つのは「女性にも嬉しい」なんて表記で量を減らしてる奴。

 

女性は小食って誰が決めた?

 

メーカーはサラナマさんのこの姿勢を見習うべきだと思うのです。

 

だから私はコンビニで食品を買う事は殆どありませんし、ついでに言えばカルビーでポテトチップスを買う事も殆どありません。

随分前からカルビーはポテトチップスの量がひどい事になっており袋あけたら半分も入ってないんですよ。

お菓子ってのは生きるために必要不可欠な食品じゃなく、あくまで口にする事で幸福な気分を感じる為の食品なのですから、袋を開けた瞬間消費者に「量すくなっ!」と思われてしまうような商品を出すことをむしろ恥じるべきだとすら個人的には思います。

あんな商品を買ったところで幸福どころかさもしい気分なってしまいます、勿論かルビーに限らず他のお菓子メーカーもです。最近では庶民の為の安くて美味しいお菓子を販売してくれていたブルボンですら内容量を大幅に減らしてしまいました。

私はお菓子が好きです。

むしろ品質を下げる位なら素直に値上げすべきじゃないでしょうか?

 

あれ?

 

最初は価格の話してたのに気づいたら何故かお菓子メーカーへの愚痴になってるような?

 

 

なもんでその手の誤魔化しが無い、平塚製菓の直営工場や、シャトレーゼのお菓子は本当に有り難いです。

ついでにポテトチップスはウェルシア薬局で売ってる

これしか買わなくなりました。

 

レイズはアメリカのポテトチップだけあって「ポテトチップ食べたい」欲を一袋で十分過ぎる位・・・いや、そもそも一回じゃ食べきれませんので複数回に分けて満たしてくれますのでお薦めです。

 

そんな訳で文章の収集がつかなくなってきたところで〆させて頂きたいと思います。

 

それじゃまた次の記事で!

関連記事