千葉県野田市ハンディー(HANDI)レストランのパンジャビゴーシュト&チキンビリヤニwithジャレビー

ナマステ!今回は千葉県野田市にあるハンディーレストランにお邪魔してきました!!

パキスタン料理が好きな方には有名なコチラのお店。若干越谷から距離はありますが、ずっと気になって夜しか眠れない日々が続いていたのもあり今回の訪問と相成りました。

 

 

ハンディーの外観

最寄り駅等は無く、一番近いと思われる東武野田線(東武アーバンパークライン)の愛宕駅からも2,5km程離れております。

駐車場は広めに取られておりますので、基本的には車等で行かれるのが良いかと思われます。

 

お店の裏の雑木林の緑と、お店の赤い屋根に白い壁の取り合わせがなんとも素敵で雰囲気ある佇まいになっていますね(о´∀`о)

 

近くで看板を良く見ると以前の店名が裏に見えてたりして、それもまた味があって良いです。

 

営業時間は10:00~23:00ですがランチバイキングの提供は11:00~16:00

 

反対車線からも見えるように両側に看板が取り付けられておりました。

看板もお店の外観同様に、赤と白をメインカラーにしており統一感があって素敵でした。

 

ハンディーの店内&メニュー

 

入り口すぐの黒板に、こんな感じでこの日のスペシャルメニューが掲示されていました。

 

この日のラインナップは

・パンジャビゴーシュト(PANJABI GOSHT)

クミンシードを効かせたマトンカレー

・アルチキンショルバ(ALOO CHICKEN SHORBA)

ジャガイモとチキンのスープカレー

・シムラキーマ(SHIMLA KEEMA)

マトン挽肉とピーマンのカレー

・チキンビリヤニ(CHICKEN BIRIYANI)

チキン入りスパイシーパエリア風ライス

と言った感じでした。

 

ちなみにお料理の注釈はハンディー様の公式ツイッターよりお借り致しました。

ハンディー様の公式ツイッターでは毎日

 

 

 

このようにスペシャルカレーとランチバイキングのメニューをツイッターに告知して下さっておりますので、こちらをチェックしてから伺うのがお薦めです!

 

先ほどの黒板の反対側にはシークカバブやタンドリーチキン等の前菜的なメニューを記した黒板がありました。

 

 

 

店内は普通の綺麗なレストランと言った感じでした。

 

家族連れに配慮してか子供向けの絵本等が置いてありました。

 

メニューにはベジタリアンの方に配慮しあベジタブルターリーなんてメニューもありました。

そしお子様向けのキッズセットも。

 

タンドリーチキン、シークカバブ、マライティッカやパコラ等の慣れ親しんだラインナップ。

 

こちらも慣れ親しんだ安心感のある顔ぶれが並ぶスタンダードカレーのラインナップ。

それとは別にマトンカラヒ、チキンカラヒもあるのですが、大体どこのお店も1kg単位の販売で、尚且つ3000円位するんでいつも食べてみたいと思いつつ手が出せずに居ます。

 

ザルダやキール等のデザート。

こちらのお店はてっきりムスリム系でお酒が置いてないのかと思ってたのですが多少提供はされているようです。

ただしドライバーの方は当然飲んではいけません。

 

 

 

こちらは チャプリ・カバブ(Chappli Kabab)と言うメニューでスパイシーなマトンのミニ・ハンバーグらしいです。

シークカバブとかコフタが好きな私、多分これも好きな味のような気がしますので次来た時食べてみようと思います。

 

今回私はビリヤニと迷ったのですが、マトン気分だったのもありパンジャビゴーシュトをオーダーしました。


ハンディーのパンジャビゴーシュト

まずはサラダが運ばれてきました。

ドレッシングは自家製っぽい白いマヨネーズベースな味。

 

少し遅れてメインのパンジャビゴーシュトも到着。

所でパキスタン系のカレーで「Gosht」って表記良くあるじゃないですか。

こちらは直訳すると「肉(もっと言うと大体マトン肉)」なのですが、こちらを「ゴーシュ」と読むのが正しいのか「ゴーシュト」と読むのが正しいのかが未だに良く判りません。

ちなみにハンディーではゴーシュト表記でしたので、今回はゴーシュト表記で統一させて頂いております。

 

この

 

肉!!

 

油!!

 

スパイス!!

 

と言った見た目が堪りません。

 

 

早速頂きます。

 

 

 

・・・

 

 

 

 

!?

 

 

 

さて、私がこのブログを初めてかれこれ9ヶ月程になります。

 

 

 

このブログを初めてからそれなりに色々な所にカレーを食べに行き、ガチのマニアの方から見たらたいした事の無い頻度かでしょうし、カレーに対する知識だって大して多くはありません。

 

そして私が美味しい美味しくないと感じるのはあくまで個人の感覚であって、ピーマンが好きな人も居れば嫌いな人も居るのと同様に、私の味覚が絶対的な基準になんて到底なるはずが無いと言うのも自覚しています。

 

 

 

 

しかし今回は敢えて言わせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

何これ滅茶苦茶美味しい!!!

 

 

「私の好みどストライクの味!!!」と言った感じのマトンカレーで、

 

大振り骨付きマトンの風味、シャープに効いたスパイスの風味、そしてそれらを包み込む大量の油・・・三位一体の味のトリオが本当にたまりませんでした。

 

私がこれまでの人生で食べたカレーの中でも間違いなくベスト3に入る美味しさです。

 

今回はビリヤニでなくこちらを選んで大正解!!!

 

・・・いや違う。

 

カレーがこれだけ美味しいのならばビリヤニも是非食べてみたい。

 

と、考えた私。

 

ふと横に目をやると

 

こんなPOPが目に入りました。

 

 

と、気づいた私は即座に店員さんを呼び

 

「ビリヤニをテイクアウトでお願いします」

 

と、注文しました。

 

前回デシィディラでは2品頼むと言う暴挙をしてしまいましたが、あの失敗から私は学び、そして持ち帰りを頼むと言う成長をしたのです(о´∀`о)

 

 

そうそう

 

こちらのお店のロティは割と厚みもあるふんわりタイプで、一枚あたりのボリュームも結構あったのもありカレーとほぼ同時に食べ終わると言う丁度良い分量だったのも印象的でした。

 

 

そんな訳でとても美味しく食べ終わり、お会計をしてテイクアウトしたビリヤニと共に帰宅しようとしたのですが・・・

 

 

レジ前で私はとんでもない物を見つけてしまいました。

 

 

 

それは・・・

 

 

ジャレビ(Jalebi)

 

です。

 

毎度の事ですが、坪和さんの動画でジャレビの存在を知った私。

 

うわ何コレ食べてみたい!!!

 

と、思っていたら南越谷駅前にあるスパイシーフードネットワークさんにてジャレビーを発見。食べてみた所恐らく上の動画の物よりも大分甘さは抑えてあるのか普通に美味しく食べられたのもあり好物に。

 

 

なので

 

「見つけてしまったら買うしかねえ!!!」

 

って事でそちらも購入して帰宅。

 

ハンディーのチキンビリヤニとジャレビー

こちらがチキンビリヤニ、ライタもついています。

味は期待していた通りにとても美味しく頂けました!

と、言うかむしろ今まで食べたチキンビリヤニの中でもトップクラスに好みの味です。

やはりカレーだけでなくこちらも頼んでみて大正解。

 

そしてデザートは勿論

 

 

ジャレビーです。

 

 

画像だとわかり辛いのですが、上のビリヤニが入っていたのと同じパックにパンパンに入っていてかなりの量でした。

なので一度じゃ食べ切れず・・・近所の知人にお裾分けも考えたのですが、インドカレーも別に好きじゃない人がこれを頂いた場合むしろ困るだろうと考え、冷蔵庫に保管して数日かけて頂きました。

 

野田はちょっと遠いって方は、南越谷駅前のスパイシーフードネットワークの冷蔵庫の中にジャレビーが売ってると思いますので気になった方はそちらでお試し下さい。

 

 

家からは少し遠いので頻繁には行けない距離なのですが、数ヶ月に一回位の割合で通おうと思う位にとても美味しいカレーが頂けました!!

皆様も機会がありましたら是非とも訪れてみて下さい(о´∀`о)

それではまた次の記事で!


バスマティライス 高級品 1kg − Basmati Rice 【LAL QILLA】 / インド料理 パキスタン レビューでタイカレープレゼント あす楽

ハンディー(HANDI)レストラン 店舗情報

店名 ハンディー(HANDI
住所 〒278-0001 千葉県野田市目吹1508−1
電話番号 050-3469-1188
HP https://handi-noda.gorp.jp/
営業時間 11時00分~23時00分

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です