【随時更新】草加ニューホットマサラの日替わりパキスタンスペシャルを大調査!

ナマステ!今回はそうか公園すぐ側にあるニューホットマサラさんが日替わりで提供しているパキスタンスペシャルについて調査してきたのでその様子をお伝え致します!

 

ニューホットマサラさんと言えばランチタイムのカレーバイキングが大人気ですが、もう1つの売りがこちらのパキスタンスペシャル。

 

日替わりで1種類~3種類程度のメニューが提供されており、何が提供されるかは基本的にランダムのようですが・・・

ネットで色々な方のスペシャルセットの食レポを検索してまとめて見た所、完全ではありませんが

 

ある程度の法則があるのでは!?

 

と、言う気がしたので今回調査してきました。

 

 

ちなみにこちらのお店は日本人だけでなく日本に住まわれているパキスタン人の方も多々来店しますが、彼らは大体スペシャルを食べていらっしゃいましたので日本人のお客さん用にバイキング、パキスタン人の方用にスペシャルを用意しているような感じなのだろうと思われます。

 

ちなみに今回は一週間全ての曜日に一度ずつ訪問してみましたが、また再訪した際には随時写真とコメントを追加していこうと思いますので、皆様が行かれる際の参考になればと思います(о´∀`о)

 

ハリーム(Haleem)

金曜日の訪問時に提供

調べようと思ったきっかけがこちらのハリーム、他の方の記事で金曜日はハリーム、土曜日はニハリ、日曜日はパヤを提供している事が多いとの記述があったので実際に訪問してみた所ビンゴ!

 

初ハリームにありつく事が出来ました(о´∀`о)

 

肉と豆と麦をドロドロになるまで煮込んだムスリム料理なのですが、濃厚かつ後引く美味しさでとっても私好みの味でした。

 

緑色の液体はミントチャトニ、これをそのままロティに乗せて食べても美味しいですし、ハリームの味変に使ってみたりしても美味しいです。

 

ニハリ(Nihali)

土曜日の訪問時に提供

前にも土曜日に訪問した事があり、その時もニハリがあるとのアナウンスを受けたので土曜日も高確率でニハリを提供しているようです。

シャープなスパイスの風味が味わえる羊肉の煮込み料理で、骨周りのゼラチン質な部分も相変わらずとっても美味でした!

そんなことを書いてるとまた食べたくなってしまう・・・強い中毒性がニハリにはあります。

 

 

パヤ(Paya)

日曜日の訪問時に提供

羊や山羊や牛等の脚肉を煮込んだ料理(ウルドゥ語でパヤとは脚を意味する言葉らしい)です。

 

こちらはミントチャトニと生玉ネギ、そしてレモンです。

 

この日は恐らくは前日の残りだと思われるニハリもスペシャルとしてアナウンスされましたので、運が良ければ日曜日でもニハリは食べられるみたいです。

 

ちなみにパヤはなんと言うか脂と言うかコラーゲンと言うか・・・オイリーな風味が前面にアピールしてくるような風味で私は苦手な味でした(´・ω・`)

このお店で食べてそう感じたって事は、きっとパヤと言う料理自体が私の好みじゃないって事なのでしょう。

 

豆と玉子のカレー

月曜日の訪問時に提供

豆と玉子のカレーです、普通に美味しかったのですが月曜日のカレーバイキングのメニューにも玉子のカレーと豆のカレーがそれぞれあるので・・・

もしやその2つ混ぜただけ?

等とついつい勘繰ってしまいましたが、多分そんな事は無いと思います。

 

ただ、これだったらバスマティライスも食べ放題だしバイキング頼んだ方がコスパは良かったなあ・・・なんて思ってしまったのはここだけの話。

ちなみにこの日は他にチキンビリヤニもあるとのアナウンスを頂きました。

 

 

アルゴーシュ(Alu Gosht)

火曜日の訪問時に提供

アル(じゃがいも)とゴーシュ(肉)つまりはじゃがいもと肉のカレーです。

元々日本的なカレーを作る時もじゃがいもはマスト、さらに初めて行くようなカレー屋さんでは高確率でマトンカレーを頼む私。

「これが美味しくない訳がない!」と言った感じでとても好みの味でした。

 

 

チキンビリヤニ(Chicken Biryani)

水曜日の訪問時に提供

 

私のブログでも何度も登場しているビリヤニ、八潮カラチの空で初ビリヤニを経験して以来すっかりその虜になってしまいました。

ニューホットマサラの法則性を調べていた際に、別の方がビリヤニを食べていらっしゃった記事を投稿されていたのですが、その方も水曜日だったのでもしかしたら水曜日はビリヤニに当たる確率が高いのかもしれません(あくまで私個人の予想です)

こちらのお店のビリヤニもとっても美味しかったです!

カラチの空やアルカラム辺りに比べると若干量が少ないですが、一般的には十分な量。

 

ちなみにニューホットマサラには250円のドリンクバーもありますが、単品でドリンクを頼む事も出来、コーラを注文するとこんな感じで缶と氷が入ったグラスを持って来て頂けます。

お値段は150円。

私的にはビリヤニにはコーラがベストマッチなのですよ(*´ω`*)

 

そうそう、この日はビリヤニの他に脳味噌のカレーとダルゴーシュ(豆と肉のカレー)と3種類のスペシャルの案内がありました。

ビリヤニ食べたさに即ビリヤニを選んでしまいましたが、脳味噌のカレーは次にアナウンスがあったら絶対に食べてみようと思います(о´∀`о)

 

 

アフガニプラオ(Afghani Pulao)

木曜日訪問時に提供

一見ビリヤニと似ていますが、こちらは生米からスパイスやスープと一緒に炊き込む調理法なので、炊いた米とカレーを層にして蒸すビリヤニとは調理法が違います。

そしてプラオはお祝い事等でよく作られる料理で、子供でも食べられるようにと辛味はつけない事が多いそうです。

私は今回が初プラオだったのですが、ビリヤニのようなスパイシーさを想像して口に入れた為、じんわりと甘くスパイスの風味もマイルドに広がる感じ、想像していた味とは全く違ったので最初は違和感を覚えてしまいましたが・・・

 

これはこれで凄く美味しい!!・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

上にのっている骨付きマトンとニンジン、そしてバスマティライスが三位一体となった優しい味わいでした。

 

そんな訳で一週間の訪問の様子をお届けしましたが、一週間ですらアナウンスがあったけれども食べてない料理が数品ありますので、そちらは後日また伺った際に食べてみようと思います。

ただし、久々にバイキングも食べたい気分になりましたので次行く時はバイキングを注文するかもしれませんがw

 

それではまた次の記事で!

フィル ミルテー ヘェイン!


【Amazon.co.jp限定】ボヘミアン・ラプソディ 購入版(字幕版) / 限定オリジナルパッケージ付(要申込), クイーンドキュメンタリー視聴券付

ニューホットマサラ(NEW HOT MASALA) 店舗情報

店名 ニューホットマサラ(NEW HOT MASALA)
住所 〒340-0001 埼玉県草加市柿木町241−1
電話番号 048-971-7161
HP http://newhotmasala.jimdo.com/
営業時間 ランチ11:00~15:00 ディナー17:00~23:00

 

関連記事