越谷市のカレー屋さん

蒲生 アビシャ インド&バングラデシュ レストランのマトンビリヤニとチキンケバブラップ

蒲生 アビシャレストランのマトンビリヤニとチキンケバブラップ12

蒲生駅前にある「アビシャ インド&バングラデシュレストラン」に訪問した時の様子をお届けします。

蒲生駅から歩いてすぐ、蒲生商店街の中にいつの間にかひっそりと出来ていたこちらのお店、グーグルマップによると去年の夏ごろには既にあったようです。

ただし私は以前も訪問を試みましたが不定休が度々あるのか、その時はやっていませんでしたが、今回は無事に入店する事が出来ました。

 

南越谷「モヒトインド&バングラレストラン」のマトンビリヤニ

久しぶりの更新になってしまいましたが、今回は南越谷にある「モヒトインド&バングラレストラン」に訪問した時の様子をお届け致 ...

続きを見る

 

アビシャ インド&バングラデシュ レストランの外観とメニュー

外観

蒲生 アビシャレストランのマトンビリヤニとチキンケバブラップ15

お店は蒲生駅東口からすぐ、隣には恐らく同じ方がやられていると思しき食材店「ニューマーケット」もありました。

店頭ではテイクアウトのビリヤニ等も売られています。

 

蒲生 アビシャレストランのマトンビリヤニとチキンケバブラップ1

店頭の看板にメニューが記載されておりますが、これがこちらのお店の全てのメニューです。

眺めていたら奥から店員さんが出てきて話しかけられたので「店内での食事は可能ですか?」と聞いてみるとOKとの事で中に案内されました。

 

蒲生 アビシャレストランのマトンビリヤニとチキンケバブラップ2

本来の店舗スペースは横のニューマーケットと同一だったのでしょうが、それをあとから壁で仕切ったような感じになっており、余り広く無いです。

席数もテーブル席が2席のみ。

 

蒲生 アビシャレストランのマトンビリヤニとチキンケバブラップ4

私を店内に案内した店員の方は「しばらく座って待っていて」と伝えると退席。

その後10分程誰も居ない店内で通りを眺めて待つ事に。

時世を考えたらドアが開けっ放しなのは仕方ないんだけれども寒いです、アウターは最後まで着たまま店内で過ごしました。

 

蒲生 アビシャレストランのマトンビリヤニとチキンケバブラップ6

こちらが店奥のキッチン、タンドール釜等はあるようですが簡素な感じでした。

 

メニュー

※メニューに記載の価格は訪問当時の物で現在とは価格が違っている可能性があります。予めご了承下さい。

蒲生 アビシャレストランのマトンビリヤニとチキンケバブラップ1

再度掲載しますがメニューはこれのみ、余り品数は多く無いですが安いです。

おつまみ的なメニューが結構ありますが、アルコールは置いてありません・・・と、言うかドリンクメニューすらありませんでした。

 

おつまみ的メニュー
チキンマライティッカ 300円
鶏の唐揚げ 400円
手羽先 400円
マトンケバブ 500円
えび唐揚げ 500円
チキンティッカ 400円
サモサ 500円
パコラ 400円
クラッシーチキン 400円
主食
チーズナン 400円
チャパティ 400円
プーリ 300円
ご飯 200円
ケバブラップ&ケバブロール
ケバブラップビーフ 600円
ケバブラップチキン 500円
ケバブロールチキン 500円
ビリヤニ
マトンビリヤニ 800円
チキンビリヤニ 700円

 

10分後やってきた店員さんに注文を告げる。

 

とりあえずマトンビリヤニは確定で後は何を頼もうか考えた挙句、マトンケバブを注文するも

「今出来ない」

との回答。

そしてこれなら出来るとケバブラップチキンを指差す店員。

正直余りそそらなかったけれど、それも注文してみる事にしました。

 

アビシャ インド&バングラデシュ レストランのマトンビリヤニとチキンケバブラップ

蒲生 アビシャレストランのマトンビリヤニとチキンケバブラップ7

まず運ばれてきたのは千切りキャベツと千切りのニンジン、と輪切りのキュウリにオレンジ色のドレッシングがかかったサラダ。

この手の料理店では定番の奴です。

 

蒲生 アビシャレストランのマトンビリヤニとチキンケバブラップ8

カトラリーは卓上に置かれていたのでこちらから割り箸を使わせて頂きました。

 

蒲生 アビシャレストランのマトンビリヤニとチキンケバブラップ9

次に運ばれてきたのはチキンケバブラップ、こちらにもサラダが添えられていました。

早速食べてみた所

中身は一口サイズのチキンと恐らくはサラダに使っていた物と同様の千切りキャベツ&ニンジンをケバブソースで混ぜたような物でした。

衣からは家で揚げ物をした時の終盤に揚げた奴のような香りがしました。

不味いか不味くないかで言えば不味くないのですが「美味しいか?」と聞かれると「・・・うーん、そこまでは」と言うのが正直な感想です。

 

蒲生 アビシャレストランのマトンビリヤニとチキンケバブラップ12

チキンケバブラップを食べ終わって少し経ってから運ばれてきたマトンビリヤニ。

北越谷のバァニ同様に目玉焼きが乗っています、あちらもバングラデシュレストランなのでもしかしたらバングラデシュのビリヤニは目玉焼きを乗せるのが定番なのでしょうか?

北越谷 バングラデシュ家庭料理BANIのチキンビリヤニ

[aside type="warning"]【追記】 こちらのお店はウーバーイーツ対応店舗になりました。 BANIプレー ...

続きを見る

 

蒲生 アビシャレストランのマトンビリヤニとチキンケバブラップ13

中には一口サイズのマトン肉が結構な数入っていて食べ応えがありました。

カルダモンが全面的に強く香ってくる感じで、今まで食べた中で一番味が近かったのは南越谷駅前にあるスパイシーフードネットワークで売ってたテイクアウトビリヤニかなあと。

ただスパイシーフードネットワークのに比べると辛みは控えめなので、辛いのが苦手な方でも食べやすいかもしれません。

店の雰囲気から毎日大鍋でビリヤニを作ってるような感じのお店では無いでしょうが、アブラでコーティングされているような風味ではありませんし、そもそも鍋を振って炒めているような音も聞こえてこなかったので炒め式で作ってるのでは無いように思います。

たまに作って冷凍とかなのかもしれませんが、真実は当然不明。

ただバスマティが割と固めだったのから考えると作っておいて冷凍保存しておき、注文が入ったらレンチン仕上げの可能性が一番高いようにも思います。

正直な感想を申し上げると値段含めて考えると割とイケると言った感じです。

新越谷駅前 スパイシーフードネットワークでビリヤニをテイクアウトしました!

[aside type="warning"]【追記】 こちらのお店はウーバーイーツ対応店舗になりました、 デリバリーだと ...

続きを見る

 

そうそう、食事中だったので写真を撮り忘れてしまったのですが食べている最中店員さんから

「飲み物サルビス」

と声を掛けていただき、コーラを頂きました。

だからドリンクメニューは無かったのかと納得。

 

 

アビシャ インド&バングラデシュ レストラン 店舗情報

アビシャ インド&バングラデシュ レストラン 店舗情報
住所 〒343-0836 埼玉県越谷市蒲生寿町5−14 エース 1F ビル
電話番号 不明
HP 不明
営業時間 不明

 

あとがき

その後食事を終えて会計を済ませようとすると

店員さんに

「千円」

と告げられました。

コーラはサービスだとしてもマトンビリヤニ800円とチキンケバブラップ500円なので、当然お会計は1300円。

その旨を伝え、1500円で払うからお釣りを下さいと伝えたのですが・・・

どうもお釣りを出すのが面倒だったのか再度

「千円でいいです」

と言われたので、だったらとお言葉に甘えて千円支払いお店を後に。

 

そんなこんなで色々と心配になってしまうお店でした。

現在の営業形態及びラインナップだと店内を利用した人で、再度こちらのお店に来たいと思うような人は殆ど居ないんじゃないかなあと・・・。

 

店頭のテイクアウト販売だってもう少し綺麗に並べれば買ってく人も居るだろうにあんな陳列の仕方だと手を出しづらいし。

そういえば同じく蒲生にあったラベヤレストランも割りと適当な雰囲気のお店だったな・・・

なんて事を思い出したのでラベヤレストランが現在どうなっているか歩いて見に行ったのですが

 

蒲生 アビシャレストランのマトンビリヤニとチキンケバブラップ16

店内には物が積み上げられ完全に倉庫と化していました。

店内を見る限りではこちらの場所でレストラン営業が再開される事はしばらく無さそうです。

 

店員さんは悪い人じゃありませんし、現地的な雰囲気もバリバリ味わえてそれはそれで貴重な経験が出来るお店だとは思います。

ただ如何せん是非行ってみて下さいと薦めるような魅力のあるお店でもありませんでした。テイクアウトで売ってるパックのビリヤニはチキンで500円、ビーフで600円とかなり破格なので通りがかりに打ってたら一度そちらを買ってみるのは良いかもしれません。

それでは!


タグ

-越谷市のカレー屋さん
-, , , ,

© 2022 うろうろ越谷