草加市をお散歩

草加マルイ5階 やおきん直営の新感覚駄菓子ショップ「駄菓子の楽駄屋」はレトロ溢れるノスタルジー空間だった!

やおきん直営の新感覚駄菓子ショップ「駄菓子の楽駄屋」はレトロ溢れるノスタルジー空間だった!24

草加マルイ5Fにある「駄菓子の楽駄屋」に訪問した時の様子をお届けします。

こちらのお店はみんな大好きうまい棒でお馴染みの株式会社やおきんが運営している駄菓子屋さんで、2022年4月現在日本全国でここだけにしか店舗がありません。

やおきんは本社が葛飾区、営業本部が八潮市にある為、どちらからも程近い草加マルイで試験的に駄菓子屋を運営されているのでしょう。

なので当然主力はやおきんの商品なのですが、それ以外にもノスタルジーを感じるような商品も多数揃えていて凄く良いお店です。

私も定期的に通っているので今回はその魅力を少しでもお伝え出来ればと思います。

 

 

やおきんだけじゃない!店内に所狭しと陳列された駄菓子

やおきん直営の新感覚駄菓子ショップ「駄菓子の楽駄屋」はレトロ溢れるノスタルジー空間だった!22

店頭はポップな感じでやおきんのキャラクターも随所に描かれており、レイクタウンにある「だがし夢や」や「1丁目1番地」等のレトロ感を全面に押し出したような雰囲気のお店とはかなりテイストが違います。

 

やおきん直営の新感覚駄菓子ショップ「駄菓子の楽駄屋」はレトロ溢れるノスタルジー空間だった!21

やおきんと言えばうまい棒、御覧のようにうまい棒はやはり絶対王者として陳列されています。

そう言えば先日12円に値上げしたのがニュースになっていましたが、世間は概ね好意的な反応でした。

が、中にはネタでは無く本気で「20%もいきなり値上げなんて酷い!みんな金額が低いから気づいてないんだ!」等と抗議をしてらっしゃる方も居ましたが。

 

やおきん直営の新感覚駄菓子ショップ「駄菓子の楽駄屋」はレトロ溢れるノスタルジー空間だった!20

やおきんの駄菓子だけでなく、よっちゃん食品株式会社の製品である「よっちゃんイカ」や「タラタラしてんじゃねーよ」等他メーカーの物も陳列されています。

 

やおきん直営の新感覚駄菓子ショップ「駄菓子の楽駄屋」はレトロ溢れるノスタルジー空間だった!19

こちらのダニサバタークッキーは株式会社ABC商会が製造販売している商品で、デンマーク王室のレシピを参考に作られたんだとか。

 

やおきん直営の新感覚駄菓子ショップ「駄菓子の楽駄屋」はレトロ溢れるノスタルジー空間だった!16

個人的にイチ押しなのが、このいちご大福&プリン大福。

特にプリン大福は私がこのお店で一番大好きなお菓子で、行くとかならず数個まとめ買いしてしまう位に好きです。

皆様にも一度試してみて頂きたい位にオススメです。



 

 

やおきん直営の新感覚駄菓子ショップ「駄菓子の楽駄屋」はレトロ溢れるノスタルジー空間だった!8

「ロールキャンディの長さは約60cm」と言うトリビアを手に入れました。

 

やおきん直営の新感覚駄菓子ショップ「駄菓子の楽駄屋」はレトロ溢れるノスタルジー空間だった!4

隣にはゲームコーナーも併設されているので、お子様が喜びそうなエリアになっています。

 

やおきん直営の新感覚駄菓子ショップ「駄菓子の楽駄屋」はレトロ溢れるノスタルジー空間だった!3

蒲焼さん太郎や酢だこさん太郎のシリーズも豊富に揃っています。

 

やおきん直営の新感覚駄菓子ショップ「駄菓子の楽駄屋」はレトロ溢れるノスタルジー空間だった!1

せんべいやスナックのコーナー、キャベツ太郎は小学生の頃に良く食べていましたが、手が汚れるのが嫌だったのを思い出しました。

 

お菓子以外にやおきんグッズやおもちゃ、何故か芸能人のブロマイドも!?

やおきん直営の新感覚駄菓子ショップ「駄菓子の楽駄屋」はレトロ溢れるノスタルジー空間だった!18

トミカが置いてありました、子供の頃に集めていた方も結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

むしろ子供よりも、そんな大人向けに置いてあるのかもしれません。

 

やおきん直営の新感覚駄菓子ショップ「駄菓子の楽駄屋」はレトロ溢れるノスタルジー空間だった!7

この鈴のくじ、子供の頃に10回以上やって一番デカい鈴を手に入れましたが、その後の処遇に困って田舎の祖父にあげたのを思い出しました。

ちなみに祖父はその鈴を自宅の神棚に結わいて使っていました。

 

やおきん直営の新感覚駄菓子ショップ「駄菓子の楽駄屋」はレトロ溢れるノスタルジー空間だった!12

ガンダムのプラモデルもありました。

これは現在も売られているラインナップなんでしょうか?それともおもちゃ問屋の倉庫に眠っていた物を引っ張り出して売っているのでしょうか?

詳しくないので私には判らないのですがなんとなく箱のデザインがレトロな感じがします。

 

やおきん直営の新感覚駄菓子ショップ「駄菓子の楽駄屋」はレトロ溢れるノスタルジー空間だった!6

うまい棒Tシャツや靴下等、オリジナルグッズが売っていました。

フランク三浦とコラボした掛け時計にはビビりました。

 

やおきん直営の新感覚駄菓子ショップ「駄菓子の楽駄屋」はレトロ溢れるノスタルジー空間だった!11

THE・昭和な顔ぶれのブロマイド。

さすがにこれは完全に大人・・・と、言うか孫を連れてきたおじいちゃんおばあちゃんをターゲットにした商品なのかもしれません。

 

やおきん直営の新感覚駄菓子ショップ「駄菓子の楽駄屋」はレトロ溢れるノスタルジー空間だった!13

THE・昭和なブロマイドの横には鬼滅コーナー、過去から現代へと一気にタイムスリップしたような感覚になります。

 

やおきん直営の新感覚駄菓子ショップ「駄菓子の楽駄屋」はレトロ溢れるノスタルジー空間だった!15

奥には昭和生まれには懐かしいメダルゲームコーナー、子供の頃からこれにハマってた子は多分その後パチンコやパチスロにハマった事でしょう。

「じゃん!けん!ぽん!ズコー」

でお馴染みのじゃんけんマシンも置いてあります。

 

やおきん直営の新感覚駄菓子ショップ「駄菓子の楽駄屋」はレトロ溢れるノスタルジー空間だった!14

ちなみに私は子供の頃、このぴょんぴょんシリーズのレースの奴にハマっていました。

こっちは葉っぱが揃ってカエルが向こう岸まで渡れるようになれば当たりと言うスロットのようなシステムのゲームです。

 

 

駄菓子の楽駄屋 店舗情報

駄菓子の楽駄屋 店舗情報
住所 〒340-0015 埼玉県草加市高砂2丁目9−1 草加丸井 5F
電話番号 048-951-7897
HP http://www.yaokin.com/rakudaya/
営業時間 10時30分~20時00分

 

あとがき

子供だけじゃなく大人も楽しめる「駄菓子の楽駄屋」さん、日本にはここだけにしかない貴重なスポットなので草加マルイに行かれた際には是非ともお立ち寄り頂くのをオススメします。

その際、何のお菓子を買おうか迷ったら是非とも繰り返しますが「プリン大福」の購入を強くオススメします。本当に美味しいんですよコレ。

それでは!


タグ

-草加市をお散歩
-, , ,

© 2022 うろうろ越谷