蒲生のハラルフードショップ「SATATA HALAL STORE」に行ってきました!

ナマステ!

今回は蒲生にある「SATATA HALAL STORE」に行ってきました。蒲生駅周辺には先日記事にしたラベヤハラルフーズ(Rabeya Halal Foods)と言うハラルフードショップがありますが、こちらのお店は線路を挟んで反対側の場所にあります。

蒲生駅周辺にはモスクなんかもあったりして八潮同様パキスタン人の方が多々住まわれているようですが、こんな近隣にハラルフードショップが2店舗もあると言うのはなかなか珍しいですよね。

ついでに言えば隣の南越谷駅周辺にもアミナがやってるハラルフードショップもありますし、ベトナムのアジアン食品店もあり、さらにはカルディもありますからその手の食材を手に入れるには困らない環境の為、私にとってはとても有り難かったりします。

最近ではお店に行くよりも自らの手で作ってみたいって欲求が出てきてしまい、ようつべの動画なんかを参考に色々と作る日々を送っております。

いずれキッチンを綺麗に掃除したらその様子をブログに載せようと思うのですが、如何せんキッチンが余り綺麗でないのもあって大掃除をしなければとても人様にお店出来るような物じゃなく・・・

 

なのでこの年末に片付けて来年からやろうと・・・

 

おっと、

 

来年の話なんてしたら鬼に笑われますね。

 

SATATA HALAL STOREの外観

ちなみにこちらのお店「SATATA HALAL STORE」はどう読むのかを店員さんにお伺いしてみたところ「サトゥタ?ハラルストア」とのお答えを頂きました。

場所は蒲生駅の東口を降りたら交番横の道を線路沿いに歩いていくとすぐ右手にあります。ちなみにこちらのお店、いつのまにか出来ていた感があるのですが、店員さん曰く2018年の4月にオープンしたそうです。

店内はすっきりしていてとても見やすかったです。

ただしこちらのお店は店内写真撮影がNGとの事で、外観も許可を得て撮らせて頂いておりますので店内の様子を写真でお届けする事は出来ませんでした。

 

SATATA HALAL STOREで買った物

店内の様子がお届け出来ないのでとりあえず私が買った物を紹介します。

 

こちらはメース、ナツメグの種子の周りの皮の部分です。

 

 

こちらはカシア、厳密には違うのですが判りやすく説明するならばシナモンの種類の1つ。

スーパーで売ってるビン入りの高い奴とは違う種類ですが、カレーとかの料理にちょくちょく使うにはこっちのがコスパが良いです。逆にお菓子とかに使うにはあの高い奴使った方が美味しく出来るのかも。

 

 

こちらは紅茶、CTC(Crush Tear Curlの頭文字)と言う茶葉を押しつぶして、引きちぎって細かくして、さらに再び丸めると言った製法で作られている物です。これでチャイを作ると本格的な味が出ます。

 

こちらはアタと言う全粒粉で、チャパティ等を作る際に使います。

上記のアタは開けてから気づいたのですが消費期限が2018年の10月で切れてました。私は気にせず使いますが、基本的にこの手の店で買い物をされる際には消費期限は良く見られる事をお薦め致します。

 

ちなみにこちらのお店も結構店員さんから話しかけられます、ある程度は日本語が通じますのでほぼ日本語が通じないラベヤよりはコミュニケーションが取りやすいかと思われます。

 

 SATATA HALAL STORE 店舗情報

店名 SATATA HALAL STORE
住所 〒343-0836 埼玉県越谷市蒲生寿町20−45
電話番号 不明
HP 無し
営業時間 不明

 

関連記事