越谷 十割そばじろうの天ぷら付き牡丹そば

こんにちは!先月越谷にラーメン二郎がオープンしてラーメン好きの間では話題になってますね!私もいずれ伺ってみようと思っているのですが、最近ラーメン屋さん自体に行く事が余りなくなってしまったのもあり若干の敷居の高さを感じてしまっています。

そもそもインスパイア店では無く、正真正銘のラーメン二郎なんて10年以上前に知人に連れられて行って以来なのでより一層行き辛く・・・なので今回もその手のお店に慣れてそうな知人を誘って行こうと思います。

さて、冒頭から全く違うお店の話をしてしまって申し訳無いのですが、越谷にはもう1つ「じろう」と言う名の付く名店が存在します。

 

それが今回伺ったこちらのお店

 

十割そばじろう

 

こちらのお店は以前から地元の友人数名より「あそこのお蕎麦美味しいよ」とのクチコミ情報を得ており大変に気になっていたお店でした。

ただし駅からは大分離れた場所にポツンとあるようなお店の為、若干アクセスが不便なのもあってなかなか行く機会に恵まれておりませんでした。

 

しかしラーメン二郎越谷店が出来たことで

「まずはこっちのじろうを体験してみなきゃ!」

なんて気分になり訪問してみる事に。

 

十割そばじろうの外観

お店は公共交通機関を使う場合は新越谷駅からバスが一番良いかと思われます、駅から徒歩で行く場合は蒲生駅の方が若干近いかもしれませんがそれでも30分近く歩くハメになるのでお薦めしません。

 

そもそも基本車で行くタイプの店のようにも思います。

 

 

闇夜に光る看板

 

そういえば現在の店舗が入る前、こちらのお店は「ほわほわ ハンバーグ 壱番館 」と言うお店でした。その時代にも気にはなっては居た物の、結局入らずじまいのままお店が無くなってしまったのですが、たまにお店の前を通りがかってほわほわハンバーグと言う文字が目に入る度に私の脳内では

この曲が再生されておりました。

そんな在りし日の事を思い出しつつ入店。

 

十割そばじろうの店内とメニュー

こちらがメインのそばメニュー。

いつもは牡丹そばとキタワセそばの2種類があるのですが、現在はキタワセそばが不作と言う事で牡丹そばのみの提供となっているようです。

今気づいたのですがHPのお品書きを見ると牡丹そばは普段1日10食限定で1300円、天ぷら付きは1800円でした。

しかし現在はキタワセそばの用意が無いと言うことでそれぞれ950円、1450円と値下げしたうえで尚且つ提供数の限定は無い状態で提供して下さっているようです。

 

こちらは天ぷらやご飯もの、そばがき等メインとなるメニュー。

 

お酒のお供になりそうな一品料理も充実しています。

 

なのでお酒のメニューも充実していました。

私は下戸で全く飲めないのが少し残念です。

 

生わさびが50円で提供されておりました。

 

テーブルの上には恐らく店主の方の直筆だと思われる、そばへのこだわりが記されております。

 

店内はお座敷席が4つ程とカウンター席。

 

窓際には色々な物が並んでいました、まずはフクロウの可愛らしい置物

 

こけし

 

日本酒もズラリ、お酒が好きな方にとってはテンションの上がる光景かもしれません。

と、言うか今見るとこれ空き瓶なんですね、珍しいラベルの物をお店の方がコレクションされているのかもしれません。

 

十割そばじろうの天ぷら付き牡丹そば

そしてしばらく待っているとやってきたのがコチラ

 

上に書かれていた店主の方のこだわりの通り、お蕎麦にツヤと透明感が感じられます。

 

早速啜ってみる事に。

 

・・・

 

なるほど!!!

 

しっかりとコシがあり、啜った際にほのかに鼻腔へと抜ける十割そば独特の風味が堪りません!

 

 

これは友人数人が美味しいと絶賛するのも納得、ここだけの話ですが都内に数店舗ある老舗のお蕎麦屋さんの蕎麦よりも私は美味しいと感じました。

 

次に天ぷらを頂いてみます。

天ぷらは日によって具材の変更があるようですが、本日は「海老、ブロッコリー、カブ、カボチャ、しいたけ」でした。

こちらもとても美味しかったです!

衣の付き具合も、揚がり具合も最高でした(о´∀`о)

どこぞの大層高名で、恐らくは神のような舌を持たれているのであろう方はこのお店の天ぷらを「中庸」等と表現してましたが、私はとても美味しい天ぷらだと思いました。

 

 

元々の蕎麦のボリュームが控えめなのもあってすぐに完食!

もう少し食べたかったので追加そばを頼もうか悩んだのですが、悩んだ末にやめておきました。

 

人並み以上に食べる方であれば男女問わずボリューム的に少し物足りなさを感じる方が多いと思われます。その際には追加そばを頼むと言う手もありますが、牡丹そばの追加は普段だと1100円で割引期間の今でも750円と若干高くついてしまうのは否めません。

そこでお蕎麦だけでは若干物足りなさを感じそうな方は、サイドメニューのとろろご飯やキムチご飯、卵かけご飯辺りなんて言う痒い所に手が届く物が用意されておりますので、そちらを頼まれるのが良いかと思われます。

 

お蕎麦好きな方には是非一度訪れてみて頂きたいとても美味しいお店でした!

それではまた次の記事で!

 


#152 「蕎麦の世界」「しおりの世界」

十割そばじろう 店舗情報

店名 十割そばじろう
住所 〒343-0827 埼玉県越谷市川柳町2丁目129−1
電話番号 048-940-8390
HP http://www.juwarisobajiro.com/
営業時間 11:00~14:00 18:00~22:00 (月曜日の夜と火曜日定休)
祝祭日の場合は翌日
その他、臨時休業があるので事前に営業日カレンダーを確認して伺われた方が良いかと思われます。

関連記事